NewBeetle HotWaterDrive Report43







 

厳しい夏の暑さもピークを越え、どことなく秋が近づいてきている気配が感じられるようになった8月の終わりに、43回目のHot Water Driveは開催されました。
ゲリラ豪雨や台風など悪天候も心配していましたが、曇り空ながら落ち着いた気温で過ごしやすい天気の中、#40以来の夜の開催です。
やはりこの季節は夜のドライブが気持ちいです。窓や屋根を全開にし、風を感じながら流れる都会の夜景を満喫できるのは誰にとってもいいものではないでしょうか?

集合場所はおなじみ晴海客船ターミナル。東京湾でも有名な夜景スポットです。都会の喧騒を忘れさせてくれる、水面に映りこむ光と心地よい潮風が、時の流れをゆっくりにしてくれます。

今回の一番乗りの方は、浦和市からお越しの米澤さんでした。 集合時間の30分ほど前にご到着。ほぼ同時刻に集合場所を目指していたBeetle2台より、わずかにリードしてみごと一番乗りとなりました。エンジンカバーやシートをホワイトにアレンジしておしゃれにきめていました。着ていらっしゃる服もちゃんとクルマに合わせてコーディネートされてますねー、完璧です! 次回も記念バッジ獲得目指して一番乗りでお越しください!
ほぼ同着で到着のお隣の赤のBeetleの足元に目を移すと、キレイに輝きを放つホイールが・・・。お話によるとこちらは、純正のスチールホイールにクロームメッキを施したとのこと。以前からスチールホイールのデザインってBeetleに似合うなーと感じていましたが、メッキをかけることでみごとにマッチしています。
ホイールと言えばもう1台、ホッドロッドで有名なボイドのホイール、バイオレーターを装着された尾野さんの愛車。珍しいテールランプも披露してくれました。これからも進化に期待しています。
また、珍しいアイテムとしてはNewBeetleのシンボル的存在のフラワーベース。といってもただの花瓶ではありません。ドイツの陶磁器メーカーマイセン製!こちらは空冷時代を彷彿とさせる逸品でしたね。

     

      

今回も初参加の方にお越し頂きました。神奈川県からアクエリアスブルーのカブリオレでお越しのしゃちBeeさん。もう2年以上乗っていらっしゃるとのことですっかりお車も女性らしいかわいいスタイルに変身されていましたね。しかも夏にぴったりハワイテイストにまとめられ、こだわりも覗うことが出来ました。

      

今回はスタート地点のすぐ横、晴海ふ頭公園で恒例のクイズ大会を開催。
今回は日本導入も待ち遠しい、新型Beetleにまつわる問題。発売前(購入前?)の予習を兼ねて難問に挑戦頂きました。
2問目の問題「新型Beetle(1.2TSI)の車両重量はマクドナルドのビッグマック何個分? 」の正解が発表された時点で残ったのは僅か3名のみ。
最終的にはお一人が脱落され勝ち残ったお二人、町田市からお越しの大野さんと府中市からお越しの小牧さんがみごと勝者となりました。
お二人には、今年のNYショーでSTAFFが入手してきた新型Beetleのリーフレットと、 2006年アメリカ・ニューメキシコ州ロズウェルで開催されたNew Beetleオンリーのイベント"R2K2006"の会場で、メインスポンサーを務めたVolkswagen of Americaが配布した、いわばココだけしか手に入れられないとても貴重なキーホルダーをそれぞれ進呈いたしました。

      

クイズが終わると簡単なコースの説明の後、いよいよクルーズスタートです。
今回皆が向かったのは、このシーズン恒例となりつつあるマクドナルドの浦安富士見店。
ところが、ちょっとトラブル。出口の駐車場のマシンが不調で出るのに時間がかかってしまいましたね。ご不便をおかけしてスミマセンでした。
気を取り直してゴールめざしスタートです。
コースは湾岸道路を中心とした。比較的走りやすいコース。途中に葛西臨海公園の観覧車や東京ディズニーリゾートを横目にみながら気持ちの良いドライブが続きます。
本日はちょうど、浦安市花火大会の日ということもあり、コース途中で車窓から花火が見えるかな?と期待をしていたのですが、スタートがちょっと出遅れてしまった事もあり、残念ながら見ることが出来ませんでしたね。来年までお預けです(^^;

      

そして目的地のマクドナルドに到着。ここはテラス席が外にあるので、風に当たりながら気持ちよく軽食が楽しめるのがポイントで、ほぼ貸切状態でみんなVW談議に花を咲かせていましたね。24時間営業のこのマック、一番最後まで残っていたのは誰だったのかな?

フォトアルバムは こちら

Dare to be happy!