NewBeetle HotWaterDrive Report34




 

前日までは秋雨前線の影響であいにくの天気が続いてましたが、この日はHWDの開催を知ってか、見事な青空に恵まれ久しぶりにさわやかなドライブ日和となりました。
スタート地点は久しぶりの横浜赤レンガ倉庫。今なお横浜の歴史と文化のシンボルとしてみんなに愛されている人気スポット。空や海の青にレンガの赤がその存在を一層際立たせていました。
そんな、赤レンガ倉庫の目の前に、朝早くからたくさんのVWが集まりました。早朝という事もありほぼ貸し切り状態で、ジョギングや犬の散歩をしている人も楽しげに見ていました。

            

今回の一番乗りは地元神奈川県から参加の佐藤さん、現地到着は7:30AMころ、前日までの悪天候が信じられない良い天気に思わず早く家を出てしまったのでしょうか?でもこんな日は早起きすると1日をいっぱい楽しめてちょっと得した気分ですよね!
ありがとうございました。ラベンナブルーの佐藤さんの愛車、この日のために探し回って取り寄せた珍しいホワイトリボンタイヤを装着。
オシャレは足元から。ばっちり決まってましたね!

            

和光市からお越しの尾野さんは8月に納車されたばかりというテクノブルーのNBで初参加して下さいました。
お話を伺うと親子三代にわたってのVW一家とのこと。ダッシュボードには、おじい様が乗られていたという空冷type4と幼い頃の尾野さんの写真が誇らしげに飾られていました。
以前はワンボックスタイプの国産車に乗られていたそうですが、ある日の朝、「本当に必要な車を買おう」という思いを抑えることができなくなりNew Beetle購入に至ったそうです。
きっとそれは、代々受け継がれているVW乗りの遺伝子がその思いを後押ししてくれたのでしょうね!
しかも尾野さんの職場では、VW乗りが多く「VWノッてる会↑」というサークルを結成したとか・・・
当日もステンシルを使用し自作したサークルTシャツやトートバックを誇らしげに掲げていました。これからも楽しみながらVW乗りの仲間を増やしていって下さいね。
友人のイラストレーターにTシャツに描いてもらった愛車を披露してくださったのはハーベストムーンベージュの杉野さん、気持ちの良い海風と太陽を体いっぱい感じる事ができ、特にカブリオレにはTシャツが似合いますよね。

                

こちらも初参加してくださったお二人。ランプやVWエンブレムに小技を利かせさりげないおしゃれをしたり、インテリアはウッド調とアクセントのメッキが映える完成度の高い仕上がりでした。
また、この日はなんと自転車で参加の方がお二人。その中のお一人は水色の制服を着て、パーキングに集まったホットウォーターズの台数を何度も何度も数え直す方。そう、こちらはパーキングの警備員さんでした。ご苦労様でした。もうお一方はここ横浜が地元の渡部さん。渡部さんは2007年のレトロルック・ニュービートルを大規模なカスタムのため現在入庫中、今回は軽快にもう一台の愛車Cannondale号での参加。どんなニュービートルができるのでしょう、完成したらお披露目楽しみにしていますね。

            

STARTの9時を回り、いよいよ今回のGOAL「横浜港シンボルタワー」に向けてクルーズが始まります。
比較的簡単なコースであった為、きれいに並んでドライブができました。途中の山下公園では信号待ちの人がビデオを構えていましたね。
いよいよGOALに到着!と思いきや駐車場前には車の行列が・・・。そう、ここは海釣り公園も併設している為、釣りを楽しむ方達が朝早くからたくさん押し掛けていたのです。でも安心。その先のシンボルタワー駐車場は私達を待っていたかのようにしっかり場所を確保していてくれました。

            

GOALではHWD #25以来となる久々のゲーム「グリコ」を開催。
そう、ここは#5で第1回目のグリコが開催された地。ここの特徴はなんといってもまっすぐにつづく長い階段。普通に上ったら疲れるだけですがみんなで楽しく上れば疲れなんか感じませんよね!?

今回は最初から連勝を続け、みんなとの差を広げた大野さんが最後まで先頭を守り、みごと優勝。記念に2010年版USニュービートルカタログとVWフランスのカブリオレポストカードをプレゼントしました。

今回もたくさんのご参加ありがとうございました。今回ご紹介できませんでしたが、他にもたくさん初参加いただいた方やこの日のために愛車をピカピカにしてきてくださった方がいました。ぜひ次回も参加くださいね!

          フォトアルバムは こちら

Dare to be happy!