NewBeetle HotWaterDrive Report20




 

ホッドラ名物といえば、ゴール迄のクルーズコースを記載したマップもその一つではないでしょうか?
このマップもとうとう今回で20枚目になりました。
2006/11/19(Sun)はHotWaterDrive20回目のanniversary! という事で、『Cartoon DrawingContest』も同時開催しました。
この日は、とても11月中旬とは思えないような寒さ、しかも ご遠慮したいぐらいの名物になりつつある小雨にもかかわらず、朝早くから大勢のNewBeetleが集まりました。
スタート地点はもう何度となく利用している若洲海浜公園です。

           

今回の現地一番乗りは、横浜から参加の大野さんでした。
大野さんは、#1より参加して頂いており、いつも場の雰囲気を盛り上げてくれる立役者。そんな大野さんですら一番乗りは初めての経験という事で、大喜びのポーズで記念撮影させて頂きました。
大野さんのNewBeetleも#1開催当時はNeuSpeed スーパーチャージャー搭載のクールホワイト NewBeetleでしたが、今ではROMチューンも施された北米並行車のNewBeetle Turbo カブリオレ GALACTICBLUE(ギャラクティックブルー)に乗換えられています。
エクステリアこそ派手さはないものの、良く見るとアルミホイールから覗く赤いキャリパーからもヤル気を感じる事ができます。
大野さん今後もHotWaterDriveへの参加をお待ちしております。

           

今回のコースは、若洲海浜公園から国道357号(湾岸道路)を通り、船橋三番瀬海浜公園 を目指しました。
このコースは国道357号を船橋に向かって直進し、ららぽーと&IKEA渋滞が始まるその手前辺りで1回の右折のみと、非常にシンプルなコースです。スタートとゴール付近のロケーションは残念ながらいま一つですが、クルーズ途中には、葛西臨海公園の大観覧車、東京ディズニーリゾート等を右に見ながら気持ちよくドライブできるコースなのです。

           

           

クルーズ時間は約40分、今回も48台のHotWaterは比較的列が途切れることなく大列を連なりゴールを目指す事ができました。
この三番瀬海浜公園は、春は潮干狩り、夏は流水プールで賑わい、関東富士見百景に選ばれるほどの好スポットからカメラ片手にこの地を訪れる地域住民も少なくありません。また、この公園、地元ではフリーマーケット開催地としても有名で、ちょうどこの日も開催されて公園内は賑わっていました。

ゴールに着くと早速今回の目玉である Cartoon Drawing Contestの開催です。エントリーは全13作品が集まり、参加者全員によるピープルズチョイスの投票形式でアワードを決定しました。いずれも力作ばかり、特にお子さんの作品は、製作途中の楽しい雰囲気が伝わる作品ばかりで、皆さんどの作品に1票を投ずるか非常に困っている様子でした。
予想通りその様子は集計結果にも現れており、ほんの数票差によってアワードが決定してしまうとの事で、スタッフは何度と無く、再集計するほどでした。
アワードを受賞されたみなさん本当におめでとうございました。
また、今回の企画に快く賛同して頂いた イラストレーター のGenさん、本当にありがとうございました。

           

更に今回、サプライズ企画として、2002/12/28の第1回から今回の#20まで 1回も欠席する事なくHotWaterDriveに参加していただいた埼玉県 から参加の町田さんに、スタッフからささやかではありますがプレゼントを贈りました。
スタッフですら今となっては皆勤者は2名しかいないのですから、町田さんのご協力はスタッフ一同本当に感謝しています。
これからもご都合がつくようでしたら参加をお願いします(下記写真は愛車遷移)。

           

さて、今回も愛知をはじめ、山梨など遠方からの参加もありました。本当にありがとうございました。
遠方からもこうしてご都合をつけて参加して頂くと、ホントにつくづくと参加いただいている皆さんで成り立っているHotWaterDriveだと感じさせられました。
この場をかりてスタッフ一同 感謝申し上げます。

思えば、4年前の第1回はCruiseNightで開催しました。大黒PAから みなとみらい21 をCruiseし、多くのギャラリーから注目されたのを覚えています。それにゴールは今のように駐車場ではなく、路駐で、ゲームといえば、100円じゃんけんでした。
何もかもが始めての経験でしたので、特に事故、トラブルを一番心配したのを覚えています。
当時の土曜夜の大黒PAは凄まじかったですから。。。

さてさて、昔話はこのくらいにして、HotWaterDriveは今後も自分達が考える理想のCruiseNightを目指してマイペースに開催していきますので、ご都合のつく方は気軽にご参加ください。今後もHotWaterDriveを宜しくお願いいたします。

           

           

フォトアルバムは こちら

Let's love VW!