昨年12月以来の久しぶりのCruiseNightとなった ホッドラ #19。
今回は約1年半ぶりに、験担ぎのテルテル坊主をHP上に登場させましたが、お気づきになりましたか?
たまにはカラッとした天気でホッドラをやってみたかったのです。
しかし...やはりと言うか...集合場所で10分程度の短時間ではありましたが小雨がパラつく始末。やはり、テルテル坊主自体をリニューアルしないとダメですね。
でも、そんな事を気にしていたのはスタッフだけだったようで、CruiseNightにもかかわらず集まったHotWaterは何と50台。ホッドラのCruiseNightでは過去最高の台数になり、全員が夜遅くまで最後の夏を楽しんでいました。
 
#19の1st Prizeは、Happyday Hot15 にも登場して頂いた千葉県から参加のレディースオーナー酒巻さんでした。
現地到着は17:30頃。酒巻さんといえば、小柄なその容姿からは想像もできないぐらい(?)の行動派で、納車翌日に19インチのアルミに履き替えて驚かせてくれました。が、更に今回は エアブラシで驚かせてくれたのです。
'06カンパネーラホワイトのリアハッチにはなんと、向日葵 が描かれていました。
スポーティーにモデルチェンジしたハズの'06 NewBeetleがドレスを纏ったかのようにエレガントに変身を遂げていました。
酒巻さん、参加ありがとうございました。次回の参加もお待ちしております。

            

今回のCruiseは暁ふ頭公園駐車場から、お台場、さらには今年3月に開通した晴海大橋を経由し晴海客船ターミナル駐車場 を目指しました。一言でいうならば、2016年東京オリンピック 選手村予定地、メイン会場予定地クルーズ という感じでしょうか。特に晴海大橋から望むお台場臨海副都心は非常にロマンチックでした。
途中のお台場メインストリートは信号が多く、常に渋滞するのでクルーズには向いていませんが、このストリートを通過する事が大事なのです。ギャラリーから注目されるのは言うまでもなく、車中からもまたギャラリーの様子を肌で感じ取ることが出来るのがこのストリートなのです。
今回はお子様からは大好評だったようで、バス停にいた女の子はこっちを指さして、大喜びしている姿が忘れられません。
また、通行中の年配のご夫婦も足を止め、微笑みながら奥様と何やら話し込んでおられました。HotWater大群に圧倒されたというよりは、昔を懐かしんでおられる、そんな視線に見受けられました。VW乗りの大先輩だとしたら素敵な話ですよね?勝手な想像ですが、この場ではそう思うことにしましょう。
また、ちょうどお台場のレインボー入口交差点で信号待ちされていたハーベストムーンベージュのカブリオレのオーナーに、スタッフがすかさず コースが記入された#19マップを手渡しましたが、残念ながら参加して頂く事は出来ずレインボーブリッジ方面へと消えていかれました。
でも分かれ際に同乗者のご家族(おそらく)皆で手を振って頂きました。突然の出来事でさぞかし驚かれたとは思いますが、もしこのHPをご覧になられていたら次回は是非 ご家族揃ってご参加頂けたらと思います!

          

ゴールの晴海客船ターミナルでは、隣接する広場で 新ゲームの『60Seconds Attack』を開催しました。
このゲーム 腹時計で60秒を当てるゲームで、60秒に一番近かった人が勝利する というもの。但し、60秒未満は失格になるという厳しい条件付きなのです。
約70名の参加者は向き合いながら 座って頂き、各自の腹時計を信じて60秒と思ったところで挙手とともにスタンドアップ!して頂きました。
予選では、60秒に一番近かった4名を選出し、さらに全員が見守る中で決勝戦を行いました。
激戦(?)を制し初代チャンピオンに輝かれたのは、埼玉県から参加の滝口さんでした。滝口さんと言えば、前にもレポートしましたがイベントの楽しみを心得ているベテランVW乗り。今回もライセンスプレート下段に電光表示でHotWaterDrive#19の文字がスクロールしていました。これにはスタッフ全員が感動ものでした。
滝口さんには、今年6月に開催された世界一のNewBeetleイベント Roswell 2000 Car Show、通称R2Kの会場でしか入手できない、 夜光フリスビー、キーリング 、2004年カタログをプレゼントいたしました。
この夜行フリスビー、キーリングは今年創業51年目を迎えたVoA(Volkswagen of America)物という超レア品です。滝口さん おめでとうございました。

            

            

今回も初めて参加して頂いた方や久しぶりに参加して頂いた方も大勢いらっしゃいました。
初参加されたのは、横浜から参加の操上さん。操上さん、何と 当日の朝、たまたまホッドラのHPをご覧になり、急遽参加して頂きました。
しかも'06アクエリアスブルー NewBeetleが納車されたのは8月末という納車ホヤホヤ。走行距離 何と77km。今後はオリジナルの美しさを壊さないようなビンテージ感のあるNewBeetleに仕上げてきたいとの事でした。
ビンテージ路線だと、ホイールやタイヤチョイスが大事になってきますね。参考になるNewBeetleも多かったことと思いますが、はじめてのホッドラ、いかがでしたか?これに懲りず次回の参加もお待ちしております。

1年ぶりの参加ですぅ!と声をかけていただいたのは、柏から参加の清水さん。
今回は奥様、お子様と3人で参加して頂きました。以前空冷VWsも欲しいといわれていたので、その後を尋ねると、今回は見送りになったとか。でもいつかきっと!とAirCooled(空冷VWs)、HotWaterの夢の二台生活を夢見ておられるご様子でした。是非夢を実現させてくださいね。焦る必要はないので、じっくりでOK!OK!

          

''03モデルにひときわ目を引くスポーティーなウィング。そのウイングさえも見劣ってしまうような総額100万以上もかかっているオーディオ類が野沢さんの愛車の特徴。カスタムカー製作の有名店に勤務されているので、インストール自体はご自分で実施したため、以外に安く仕上げられたとの事ですが、それにしても すごい!の一言。今後の話を伺うと、エンジンレスポンス、走行性能に不満があるとの事で、先ずエアサスをカットして走りを安定化させ、NeuSpeedのスーパーチャージャー(SC)を装着したいとおっしゃっていました。
そういえば、今回NeuSpeed SCを搭載したNewBeetleも参加して頂いていました。目印はBeeporのダッグテールウィング!!おそらく、国内でNeuSpeed SC装着1号車。現在も絶好調のようです。

            

今回も大勢の参加で今までに無く盛り上がった夜でした。
参加して頂いた皆様、本当にありがとうございました。

            

次回の HotWaterDrive#20 は4周年記念 メモリアルホッドラとして開催いたします。
どうぞ、お楽しみに。

写真集は こちら

Let's love VW!