世界のニュービートル達  Hot9


シュツットガルト

世界のニュービートル達 Hot9です。

今年もHWD特派員がイギリス・ドイツに行ってきましたので、幸運にして撮影する事ができたニュービートル達をご紹介します。
写真以外にも様々なレア アイテムを仕入れているようですので、後日紹介したいと思います。こちらもお楽しみに。

では、イギリス・ドイツのニュービートル達 じっくりご覧下さい。

HOT8へ 

グロースター(Gloucester.UK)
グロスターシャーの州都、グロスターはローマ時代を基盤に、ヴィクトリア時代には波止場として栄えたなど、生き生きとした豊かな歴史のある町です。
壮大なノルマン時代の大聖堂の扇形天井の回廊は世界的にも有名で、映画「ハリー・ポッターと賢者の石」の撮影にも使用されました。
また、ベアトリックス・ポター自身もお気に入りの作品「グロスターの仕立て屋さん」の舞台となった小さなお店を訪れ、彼女の足跡を辿ってみてはいかがでしょうか。
グロスターの仕立て屋さんのオリジナルの家は現在、ベアトリックス・ポターの世界を充分に堪能できる博物館として一般公開されています。



グロースターのディーラにて
サイレンセスター(Cirencester.UK)
この活気あるマーケットタウンは「コッツウォルズの首都」の名にふさわしい町です。
この広大で活気あるマーケットタウンにおいて週2回催される街頭市場は、ここの生活風景に色取りを加えています。
起源は、ローマ時代の英国の地方首都の一つであった頃まで遡ります。町のコリニアム博物館はコリニアム・ドムノーラムとして知られたローマ時代のサイレンセスターの生活様式を復元して、当時の歴史を物語っています。
ルドロウ(LUDLLOW.UK)
昔の州都ルドロウ。
落ち着いたたたずまいの古都で、のんびり過ごすのにちょうどよい街です。
チューダー調の町並みも非常にうつくしく、きれい。
現在は廃墟となっていますが、ルドロウ城はあまりにも有名。

ロイヤルタンブリッジウェルズ(Royal Tunbridge Wells.UK)

ロンドンより電車で50分のロイヤル・タンブリッジウェルズは、17世紀に鉱泉の町として栄えた素敵な街です。
この街はアンティークショップやパブなどが建ち並ぶオールドタウンと、パソコンショップや大型のショッピングセンターがあるシティーセンターに分けられています。
オールドタウンではオープンカフェでお茶を飲んだり、人々やベンチで読書をする人が多く、のんびりした雰囲気がする一方、ニュータウンではショッピングを楽しむ若者や学校帰りの学生で賑わっています。
ロンドンと比べると緑も多く、観光化されていないロイヤルタンブリッジウェルズは治安も良い上、落ち着いた環境です。

シュツットガルト

ドイツ バーデン・ウュルテンベルク州の州都で、メルセデス・ベンツの町として知られており、ぶどう畑の山に囲まれた盆地にある坂の多い都会です。
シュヴァーベン地方の人は昔から起業家精神に富み、今日でも経済の強い州となっています。
ベンツ・ポルシェ・ボッシュなど世界的企業がここに本拠を置いているハイテク都市なのです。
室内楽、バレー、バッハ合唱団、州立美術館など芸術の都でもあります。

 



シュツットガルトの駅で配布されていたパンフレット。
いわゆるカブリオレが当たる!という企業PRです。