Try it! アーシングに挑戦!果たしてその効果は???

Hot2へ

みなさん、アーシング!って聞いたことありますか?最近かなり流行っているようなので、HWDでも取り上げてみました。
先日HWDのスタッフの車に装着してみましたので、その効果について簡単にレポートします。
...と、その前に、

アーシングシステム・・とは?
 アーシングとは、その名の通り「アース(マイナス配線)の強化」です。バッテリーのマイナス端子からエンジンの各部に電線を追加するだけで、トルクや燃費がアップするという魔法の方法です。たったこれだけの作業で?と思われる方もいるでしょう!実は私も半信半疑でした、実際にアーシングを体験するまでは。。。

アーシングの理屈・・?
 自動車はバッテリーの+端子から電気を送り、各機器の作動をさせ再びバッテリーの−端子に戻ってきます。
理想としては+から出た電気は電圧降下のないまま−端子に戻ればいいのですが自動車の場合、各機器から戻る時にボディーを伝って−端子に戻ります。しかし、ボディーは鉄製の為電気抵抗があります。特にニュービートルの場合、樹脂パーツが多いためかな〜りの電気抵抗が発生してしまうようなんです。
 また長年使用しているとアース接点の劣化や酸化などによって、さらに電気抵抗が大きくなってしまうんです。そこで車の主要機器から直接アース線を引き、バッテリーの−端子に直接電気を戻してあげる事によって電圧降下が必要最小限に抑えられ各機器の効率も良くなる。。。

という理屈なんです。
で、このアーシングをする事によって次のような効果があるとされています。
(1)低速トルクのアップ、燃費が向上する
(2)ヘッドライトが明るくなる
(3)エンジンの始動性向上、アイドリングが安定する
(4)オーディオの音質が良くなる
...などなど、良い事ばかりのようです。

右写真は今回購入したアーシングKitの内容。
アースケーブル(黄色)、取扱説明書、ボルト、そして軍手まで付属していました。
(聞くところによると、このケーブルかなり高級な耐熱ケーブルを使用しているようです)
さらに、この取扱説明書は9ページもあり非常に分かりやすいものでした。
プラモデルを作れる人であれば誰にでも出来そうなくらい、そんな親切な説明書です。

装着は簡単。説明書の記載とおりにアースポイントを接続するだけです。
但しエンジンルームには規定トルクで締めてあるボルトもあるため、間違わないように慎重に接続ポイントを事前チェックした方がよいでしょう。
そして、一箇所づつ丁寧に接続していけばOK。
最後にバッテリーの−端子に接続して、配線を束ねれば終了。約30-40分の作業です。
アーシングKitに付属の説明書には、かなり詳しく作業ノウハウが記載されているので、安心して作業する事ができました。


私も早速この車に試乗してみましたが、確かに下のトルクが私の車とは異なり力強く、また高速走行も安定していました。
この車のオーナーも、ヘッドライトが以前よりかなり明るくなったと感動していました。
いや実は、この試乗の翌日、自分の車にも装着してしまいました。
私の車は、プラグ/プラグコードを交換していたせいか、より体感できるようになりました。

実際に測定したわけではありませんが、体感的な効果も高く、個人的にはお薦めのアイテムと思います。
市販のアーシングkit(説明書付属を確認する事)を用いれば誰でも簡単に作業出来るレベルと言えるでしょう。自分で装着してみると、車への愛着もよりわいてきますから(※)。

本サイトで詳しくアースポイントをご紹介できないのが残念です。
興味ある方は次回ホッドラで声をかけてください。試乗もOkですヨ。


※作業は必ずご本人の責任において実施してください。故障、事故等については本サイトは一切関知いたしませんのでご注意ください。
 無理せず、自信のない方はお店に依頼しましょう。


- HotWaterDrive Official Website -