スクープ!!
〜 水冷VWバスは既に日本上陸していた 〜

2008年とも噂されるVWバスが既に日本各地を走っているという事実。
でも実はこれ、バスはバスでも商用車のVWバスなんです。ご存知でしたか?
このバス、クセニッツ のシティーバスといい、現在日本各地で通称「ワンコイン(100円)バス」として活躍しています。
クセニッツとは、オーストラリアのボディーメーカーで、VW-T4,T5をベースに制作しています。
特徴は、リリースされる全ての仕様が別の車?と思えるほど、柔軟なオーダーメイドシステムを採用しているんです。

例えば、
・ドア等の開閉方式 
・調整できるノンステップ方式  
・車幅は一センチ単位でオーダーが可能
等です。


特に注目すべき点は、高齢者などのために”ノンステップ方式”が採用されているようです。中途半端なノンステップじゃありません。
エアサスを採用する事により、車高を地上2.5cmまで下げることができるらしいんです。
これを、ニーリングというらしいのですが、これはすごい機能。
高齢者にも優しいNewBeetleを目指す方は是非ご参考にされてみては?

ここで紹介している写真のバスは、千葉県浦安市を走るコミュニティバス 『おさんぽバス』です。
浦安市川 市民病院〜新浦安間を約30分かけて走っています。
走る場所も大通りを避け、裏道を颯爽と走っています。聞くところによると、この『おさんぽバズ』の路線拡大の要望も多いようで、近い将来、VWバスが浦安中を走る姿を目にする事ができるかもしれません。
VWファンにとっては、嬉しい限りですね。

スタッフも良く『おさんぽバス』のようなワンコインバスには常日頃お世話になっており、休日など少し時間にゆとりがある時、NewBeetleを避け、子供と散歩がてら、乗車します。
車中のおばさん達の会話も面白く、心が休まる一時なんです。


このVWワンコインバス、現在日本各地を走っているようです。
ちょっとだけご紹介しておきましょう。
そして、みかけたら、是非乗車してみましょう!
心がHotになること間違いありません。

そうそう、クセニッツ・ジャパンではシティーバスのチョロQも発売(発売終了)されていますので、是非覗いて見ましょう。

また、自分の近所も走ってるよ〜という方、是非Hotmanまでメールください。


埼玉県 戸田市 『TOCOバス』
埼玉県 桶川市 『べにばなGO』
 
埼玉県 蕨市   『ぷらっとわらび』
石川県 金沢市 『金沢ふらっとバス』
千葉県 浦安市 『おさんぽバス』
東京都 西東京市 『はなバス』
 
岐阜県 岐阜県庁 『ふれあいバス』
 
群馬県 前橋市 『マイバス』
 
茨城県 龍ヶ崎市 『龍・ゆうバス』
 
CQ-MOTORS
 
(株)サミュエル  『Hyldemoer』
 

ここで記載している情報はクセニッツ・ジャパンのご協力により紹介しております。掲載写真の一部については著作権等クセニッツ・ジャパンにあり、無断転用等はご遠慮願います。