子供達に夢を与えるイラストレーター 二宮 言さんに聞く!〜


=Hello Cabriolet=


イラストレーターだってVWファン!
待ちに待ったNewBeetleが納車された夜は、NewBeetleの車中で一晩を過ごすVWファンは少なくないでしょう。
今回ご紹介するのも、そんな経験は朝飯前、すっかりVW病に感染してしまったプロのイラストレーター二宮 言さんです。
二宮さんはデザイン会社で修行を積み、今から10年程前に独立。奥田民生、PUFFY等のイラストも手がけた事がある今注目を集めている若手イラストレーターです。

私たちHotWaterファンに身近なイラストと言えば、上記のイラスト。
何処かで見覚えはありませんか?
'02 Fest IN FUJI のNewBeetleCUPのBreeze号に、また先日のFest IN MOTEGIではBreezeコーナに沢山のイラストが掲示されていました。
そう、そのかわいいNewBeetleイラストを手がけている方が二宮さんご本人なのです。

きっかけは青い自動車!?
二宮さんとNewBeetleの出会いは今から6年前にまでさかのぼります。
当時シアトルに仕事で行った際 駐車場に止まっていた丸い可愛い車が目に入りました。
シアトルの青い空に、テクノブルーパールエフェクトのNewBeetleはとっても輝いて見えたそうです。
そう、この時こそが二宮さんがVW病に感染した瞬間だったのです。
日本に帰ってきてからも考える事はNewBeetleの事ばかり。
休みの日になると平行輸入店を巡る日々が続いたそうです。
でもその当時NewBeetleは約300万後半が相場でかなり高価、とても手の届く車ではありませんでした。
しかし、ちょうど諦めかけていた頃に突然の日本リリース決定の知らせ。
もちろん真っ先に予約したそうです。指定した色はシアトルで見たテクノブルーパールエフェクトです。

でも、青色に関して特別な感情はなかったという二宮さんが何故テクノブルーパールエフェクトが気に入ったのか?
もちろんシアトルで初めて見たカラーだった事もあるでしょうが、実は子供の頃熱中していたアニメ本の存在があったからではないかと言います。
その本はDisny作 『青い自動車』(スージー)です。
自動車のスージーは盗難にあい、廃車にされかかったスージーをトムという少年が直してくれる、心温まるストーリー。
子供の頃何度も何度も読み返していたというこの青い自動車。きっと知らず知らずにシアトルで見たNBがスージーに見えていたのかもしれません。
なんともロマンチックな、またNewBeetleにふさわしいエピソードですね。

きっかけは一枚の絵
このNewBeetleイラスト誕生のきっかけは、甥に一枚のNewBeetleの絵を描いてあげたのが始まりです(右写真)。
描いてあげるとその甥は大喜び。その喜ぶ姿を見ていると、『これはいける!もっと多くの子供達にも見てもらいたい!』と思ったようです。

その後もNewBeetleのイラストを描きつづけましたが、問題が一つ。それはVWマークをデザインすることができないという事。
VWのライセンスは厳しいため、VWマークをそう簡単に描く事はできません。といって、本物志向の二宮さんは、偽者(NewBeetleライクな絵)はイヤという事でVGJにもアプローチを重ね、そこでBreezeを紹介していただいたそうです。
現在はBreezeに4ページ程の短編絵本を連載するようにまでなりました。

では少し、二宮さんの作品をご覧ください。

 

作品集



イラストを元に製作した模型

Fest IN MOTEGIの様子・・・子供達に大人気
手がけた作品の一部


自宅兼事務所の様子

彼女の手作り刺繍
2002 Fest IN FUJI NewBeetleCup Breeze号
愛車

オリジナルスタイルをキープ


こんなエピソードがあります。
今年5月のFest IN MOTEGIでの事です。
Breezeブースに二宮さんのパネル化した絵本を3-4歳ぐらいの男の子が、指で一文字一文字なぞりながら、一生懸命読んでくれたそうです。
その男の子にどうだった?と尋ねると『面白かった!』と笑顔で返事が返ってきたとか。
それが嬉しくて嬉しくて!と本当に嬉しそうに語ってくれました。

二宮さんの現在の夢は、
『VWの絵本を出版し、そして、日本をはじめ世界中の子供達に沢山読んでもらいたい。
 そして大人になったら是非ワーゲンに乗って欲しい。』
といいます。

洋書にはNewBeetle(にそっくり)な絵本は存在しますが、スタッフの知るところでは日本ではまだ出版されていません。
二宮さん、日本初のVW公認 絵本の出版 楽しみにしていますョ。
もちろんHWDも応援しています。

今度時間があったら是非HWDにも参加してくださいね。

Let's love VW!


Copyright (C) 2003 Hot Water Drive All Rights Reserved.