ザ・ビートル・カブリオレ 50's / 60's / 70's発売 (12/18)
ビートル、ビートル カブリオレが歩んできた歴史、多くの人に愛されてきた背景など、それぞれの 年代の時代背景を現代風にアレンジし、オートカラーアウォードを受賞した3つのモデルを限定発売。販売台数は各50 台(計150 台)photo1 2 3 4 5 6 7


ゴルフ,2013-2014日本カー オブ ザ イヤーを受賞 (11/23)
輸入車として初の大賞を受賞。正確なハンドリングと上質な乗り心地を両立した見事なシャシーを実現。さらに環境・安全性能を高めた数々の新技術の採用により、セグメントのベンチマークとしてのポジションを確固たるものにしたことが評価される。


東京モーターショーにてtwin up!を世界初公開 (11/20)
プラグインハイブリッドのコンセプトカー、4 人乗りとして歴代最高1.1L/100km (90.9km/L)の燃費を実現。0.8L TDI エンジン(35kW)、電気モーター(35kW)、7速DSGの組み合わせで電気 走行で最長50kmと共に低燃費を実現 photo1 2 3 4 5


限定車「ザ・ビートル・レーサー」購入受付開始 (11/11)
サターンイエローのボディに、ブラックの太いストライプ、ボディ両サイドには"Turbo"ロゴを入れ、10本スポークの 19インチホイールを装着。世界限定3,500台、うち日本国内の販売台数は限定100台。photo1 2 3 4 5


東京モーターショー、VW展示車両の概要 (11/7)
ワールドプレミアを含む計17台を展示。ジャパンプレミアはXL1、The Beetle Cabriolet 50's、Golf Variant R-line&Highline、Golf R、e-Golf、e-up!、cross up!、Passat Variant R-line、Polo R WRC。11/23より一般公開。photo1 2 3 4 5 6 7


トゥーラン、シャランの特別限定車グレンツェン発売 (11/6)
7人乗りミニバン、トゥーラン、シャランをバイキセノンヘッドライトや専用デザイン16 インチ アルミホイールなど共にスタイリングと快適装備をアップグレード。ボディカラーも特別色を設定。各限定500台。photo1 2


「ザ・ビートル・ターボ」販売開始 (10/8)
211PS,6速DSGのパワートレーンに、18インチホイール,専用エクステリアパーツを設定。ボディカラーは全7色。レザーシートやバイキセノンヘッドライト,スライディングルーフはそれぞれメーカーオプション。ベースモデルで\348万 photo1 2 3 4


新型 「 ゴルフ GTI 」販売開始 (9/24)
GTIのダイナミックな走りにさらに磨きをかけながらBLUEMOTION TECHNOLOGY 採用 により 15.9km/Lの低燃費を達成。馬力を発生する第 3 世代の2リッター TSI エンジン、350Nmを 1,500rpmという低回転から発生する。photo1 2 3 4


IAAにてe-Golf とe-up!を発表 (9/10)
e-GolfはオールLEDげっどライトを採用、また両車ともLEDデイタイムライトやヒーテッドウインドウシールド、アロイホイールを装備。1ooキロの走行にかかる費用はe-Golfで3.28ユーロ、e-up!で3.02ユーロ。photo1 2 3 4 5 , 1 2 3 4 5 6


IAAにてNew Golf Rを発表 (9/10)
新設計の300 PS TSI (221 kW)エンジンを搭載し、30PSの出力UPを図りながら前モデルより18%の燃費を改善。4MOTION、ESC Sport、DCCなどを採用し0-100q/hを5.1秒、最高速度は250q/hに達する。photo1 2 3 4


ポロ史上最高の低燃費モデルPolo Blue GT販売開始 (9/9)
気筒休止エンジン 1.4 TSIエンジンを搭載し250Nm(1500rpm)という高いトルクを発生、最高速は210km/hに達すると同時に21.3km/Lという優れた 低燃費を実現。専用エクステリアやスポーツサスペンション、XDSなどを採用。photo1 2 3


IAAにてGolf Sportsvanを発表 (9/8)
IAA(フランクフルトショー)にて試作車ベースのコンセプトカーを発表。後席ベンチシートは180oスライドでき、1500Lのカーゴスペースが確保できる。XDS+や Automatic Post-Collision Braking Systemなどを標準装備する。photo1 2 3 4 5 6


up!初の限定車「black up!」「white up!」販売開始 (8/22)
ドアミラー、 サイドモールディング、フォグランプベゼルにクロームの装飾を配し、リヤハッチ/リヤ左右ガラスにダークティンテッドガラスを採用。さらに、ファブリックシートはボーダー調の専用デザインとなる。2/4ドア合計1200台限定。 photo1 2 3 4


7世代目新型「ゴルフ」を発表 (5/20)
衝突軽減ブレーキを全車標準装備し、1.2Lと1.4Lの2つのTSIエンジンをラインナップ、7速DSGと自動気筒休 止システムなどを組み合わせることによりゴルフ史上最高の燃費(21.0km/L)により全車エコカー減税 100 %。価格は¥249万から photo1 2 3 4


The Beetle Fender Edition発売 (5/15)
ギター・アンプメーカーのFender社と共同開発した限定モデル。Fenderサウンドシステム(総出力400W,10チャンネル,9スピーカー)のほかSunburst仕上げのインストゥ ルメントパネや専用シートなどを装備。600台限定で価格は315 万円。 photo1 2 3 4


GTI FestivalにてDesign Vision GTI発表 (5/8)
Golf GTIの持つアイコンをレース仕様に昇華させたコンセプトモデル。7代目ゴルフを進化させたデザインで、300q/hを獲得する3.0L V6-TSI (370 kW / 503 PS, 560 Nm)エンジンを搭載。0-100km/hは3.9秒を記録する。 photo1 2 3 4 5 6 7


GTI FestivalにてGolf GTI Cabrio Austria発表 (5/8)
オーストリアWörthersee Lakeで開催されたGTI Festival。17歳から23歳までの13名の男女によってリデザインされたワンオフモデル。333 PS / 245 kWを発揮する2.0Lエンジンや、2250ワットのサウンドシステムなどを搭載。 photo1 2 3 4


上海ショーにてiBeetle、iBeetle Cabliolet発表 (4/19)
専用設計されたドッキングステーションを介しiPhoneと接続。専用Appを使用し音楽のストリーミングやソーシャルネットとの接続、さらには車両の計器としても使用できるなど8つのメニューを用意した。10月より発売予定。 photo1 2 3 4 5 6


上海ショーにてSUVコンセプトCrossBlue Coupé発表 (4/19)
305 kW / 415 PSを発揮し3.0 l/100 kmの燃費を実現するPlug-inハイブリッド。33q走行可能なエレクトリックモードを装備。22インチアルミホイールを装着、室内はナパレザーを採用しアンビエントライトも設定。 photo1 2 3 4 5


限定モデル「ゴルフ デア・エアステ」先行受注開始 (4/9)
今夏導入を予定している 7 世代目の新型「ゴルフ」に、日本導入を記念した限定モデ ル。1.2TSIとロントアシストプラス等を搭載したコンフォートラインと、14TSIに気筒 休止システム等を採用したハイラインを設定。 photo1 2 3 4 5 6


「ザ・ビートル・カブリオレ」販売開始 (3/25)
1.2 TSI + 7DSG 搭載の1 グレードのみの設定で、ボディ色は全 5 色。レザー(シート)は、ボディ色との組合わせで ブラックまたはベージュの 2 色。純正ナビゲーションシステム等を標準装備し全国希望 小売価格は 375 万円 photo1 2 3 4 5


ジュネーブショーでGolf Estateを発表 (3/5)
前モデル比で最大 105kg を軽量化。搭載するエンジンは 63kW/85PS から 110kW / 150PS まで を ラインアップ。TDI ブルーモーションは 81kW/110PS のディー ゼル エンジンと 6 速マニュアルとの組み合わせで 3.3 L /100kmを実現。 photo1 2 3 4 5


ジュネーブショーでGolf GTIを発表 (2/26)
162 kW / 220 PSのTSIと、169 kW / 230 PSの2種類のエンジンを設定。前モデルに対し18%の燃費を改善。17インチ専用ホイール、スモークドLEDリアライト、インテリアにはタータンパターンのスポーツシートなどを装備する。3月より発売 photo1 2 3 4 5


1リッターカー XL1を生産開始 (2/21)
2シリンダーTDIエンジンとモーター、DSGを組み合わせたプラグインハイブリット。795kgの軽量ボディとCd0.189のエアロダイナミクスで0.9l/100kmの燃費を実現。50kmをモーターのみで走行可能。定員は2名。 photo1 2 3 4 5


ジュネーブショーでGolf GTDを発 (2/21)
135kW / 184PSを発揮する4シリンダーTDIエンジンを搭載し、4.2L/100kmの燃費を実現。スモークドLEDリアライトや、17インチGTDホイール、大型ルーフスポイラーなどを装備。欧州で3月より受注開始。 photo1 2 3


Golf R Cabrioletを発表 (2/7)
VW史上初のオープントップのRモデル。6速DSGと265PSの2リッターエンジンを搭載。ブラックハウジングのバイキセノンヘッドライトや専用バンパー、25o車高を下げた専用サスペンションなどを装備。 photo1 2 3 4


シカゴショーにてBeetle GSRを発表(2/7)
40年前に発売された“Yellow/Black Racer"をモデルに当時と同じく3500台の限定で秋から発売予定。価格はドイツで€ 30,300。155 kW / 210 PSのエンジンを搭載、インテリアは専用シートや黄色のステッチやロゴを配した。 photo1 2 3 4 5


デトロイトショーにてCrossBlueを発表 (1/14)
ディーゼルプラグインハイブリッドを搭載した北米向けミッドサイズSUVのコンセプトモデル。306PSを発揮し89MPGeの燃費。全長5mとほぼTouaregと同等で6席の乗員スペースを確保。 photo1 2 3 4 5 6