LAオートショーにてBeetle Cabrioletを発表 (11/28)
ソフトトップは時速50km/h 以下で開閉でき、9.5 秒で開けられ、閉じるのに要する時間も11 秒。トランクは225 L の容積を確保。 リヤシートバックは分割可倒式。米国では11 月から発売、欧州では来年2 月から納車開始。 photo1 2 3 4 5 6 7


LAオートショーにて新型Jetta Hybridを発表 (11/28)
110 kW / 150 PSのTSIエンジンと、20kWのモータを組み合わせ、0−100q/hのパフォーマンスを出しながら燃費19km/Lを達成。E-modeスイッチを押すことで速度は60km/hまで、距離は2kmまでモーター走行が可能。 photo1 2


Beetle , Beetle Cabriolet "Exclusive"を発表 (11/15)
Volkswagen R GmbHによって開発され、"Design"(1.2l TSI 77 kW) と "Sport"(1.4l TSI 118 kW)の2つのラインナップを設定。ダイアモンドステッチを施したシートはPepper Beige, Amber Brown , Blackの3色。€ 22,650から。 photo1 2 3


SUVスタイルのクロストゥーランを発売 (10/30)
中国市場で29年の歴史をもつSantanaがフルモデルチェンジ。リア席のニースペース拡大や480Lのカーゴルームを確保するなど居住性の向上を図るとともに、各種安全装備を設定した。エンジンは1.4L(66kW)と1.6L(81kW)を設定。 photo1 2 3 4


SUVスタイルのクロストゥーランを発売 (10/29)
7 人乗車可能なコンパクトミニバン「ゴルフ トゥーラン」をベースに、エクステリアを中心に、専用装備を纏ったアクティブでスポーティなモデルで、装備面でも、ナビゲーションをはじめ充実した上級装備を標準装備。348万から photo1 2 3


サンパウロモーターショーにてTaigun conceptを発表 (10/22)
全長3,859 mm, 全幅1,728 mm, 全高1,570 mmのコンパクトなボディーに4つの座席と新型の1.0-litre TSI エンジン(81 kW / 110 PS)を搭載。生産することとなればNew Small Familyのラインナップ増強となる。 photo1 2 3 4 5 6 7


LAショーを前にBeetle Convertibleの写真を公開 (10/3)
スプリットタイプのフォールダウンRRシートを採用し実用性を向上。頭部保護機能付サイドエアバッグを標準装備した。米国では2.5L(170HP), 2.0L TDI(140HP), 2.0L TSI(200HP)の3エンジンを設定。2012年第4四半期に発売開始。 photo1 2 3 4 5 6


パリショーにてGolf GTI、Golfブルーモーション発表 (9/27)
Golfブルーモーションは3.2L/100km の低燃費を実現。Golf GTIは220PS と230PS、2 つのパワーラインを設定し、共に従来モデル比で18%の燃費向上を達成。さらに100sの軽量化に加え、レベルアップした安全性と快適性が与えられた。 photo1 2 3 4 5


最も小さなフォルクスワーゲン、「up!」を発売 (9/18)
低速域追突回避・軽減ブレーキ「シティエマージェンシーブレーキ」をクラスで初めて標準採用。23.1km/Lの1Lエンジン(55kW/75PS)を搭載し、価格はmove up!2ドアが149万円、4ドアが168 万円、上級グレードのhigh up!が183 万円 photo1 2 3 4 5 6 7


IAA商用車ショーでCADDY CROSS EDITION発表 (9/17)
カラードバンパーやサイドシル、ホイールアーチの下端をエクステンドしシルバーのルーフレール、バンパーにはアンダーガードを設け、オフロードイメージを演出。室内も2トーンカラーのシートやレザーステアリングなどを装備した。 photo1 2 3


the BeetleにR-lineパッケージを設定 (9/12)
Sportsグレードをベースに、エアインレットを配したバンパーやリアデフューザー、R-lineロゴなどを装着(+€ 1,290〜)。インテリアパッケージにはさらに、スポーツシート、ステッチを配したステアリングなどを装備。(+ € 1,675〜) photo1 2 3 4 5 6


ベルリンにて7代目New Golfがワールドプレミア (9/4)
最新のMQBプラットフォームを採用しホイールベース拡大などにより室内空間の拡大、快適性・安全性向上、100kgの軽量化を実現。気筒休止機構を搭載した1.4L TSIエンジン+DSGで23%の燃費効率を向上させ20.8km/Lを達成。 photo1 2 3 4 5


新型純正ナビゲーションシステム「712SDCW」発売 (7/11)
「RNS510」の後継モデルとして、次世代の道路交通情報インフラの代表的なサービスであるITS スポットへの対応とスマートフォンを経由してインターネットと接続できる多機能ナビゲーションシステム。¥220,500から photo1


「パサート オールトラック」発売 (6/21)
フルタイム4 輪駆動システム「4MOTION」と先進的なプリクラッシュブレーキシステムなどを標準装備。30mm 高められた車高と専用バンパー、専用ホイール ハウスエクステンションなどによりクロスオーバーなスタイリングが強調されている。 photo1 2 3


ライプチヒショーにてBeetle Fender Editionを公開 (6/1)
フランクフルトショーで発表されたコンセプトモデルが生産モデルとして発表。Black UniとDeep Black Pearl Effectの2つのボディカラーを用意。今秋から欧州、米国で発売予定。 photo1 2 3 4 5


ライプチヒモーターショーにてScirocco GTSを公開 (6/1)
ボンネットからテールゲートにかけデザインされたストライプとその色とコーディネートされたアウターミラーを装着。その他18インチアルミホイール、専用バッジを設定。出力は155 kW / 210 PS。 photo1 2 3


北京モーターショーにてE-Bugsterをアジア初公開 (4/21)
デトロイトショーで発表されたコンセプトモデルをオープントップ仕様で公開。85 kWのモーターで 0 ー 100 km/hが10.8 秒。充電器で35分で充電出来、180qの市街地走行が可能。 photo1 2 3 4


「ザ・ビートル」6月1日に発売 受注は本日より開始 (4/20)
最初に導入する1,000 台を受注したお客様には、「ザ・ビートル」日本導入を記念した限定のナンバープレートフレームをプレゼント。6 月2 日(土)、3 日(日)は正規ディーラーにてデビューフェアを開催する。


「up!」ワールド カー オブ ザ イヤー2012を受賞 (4/6)
25 カ国、66 人のトップ ジャーナリストで構成される審査委員会は、今年の「ワールド カー オブ ザ イヤー 2012」に「up!」を選出。その授賞式が北米のニューヨーク モーターショーで行われた。


デビューイベント「The Beetle PARADE」を開催 (4/5)
4 月20 日(金)より22 日(日)の3 日間、東京都千代田区丸の内の、丸の内ビルディング内「MARUCUBE」にて開催。「THE HEART BEETLE」への投稿作品を実車のThe Beetle にプロジェクションマッピング(3D 投影)で映し出すなどを行う。


ザ・ビートル4 月20 日から受注を開始 (4/5)
初期ロット1,000 台の購入者に限定ナンバープレートフレームをプレゼント。今回受注を開始するモデルは、内外装をカラーコーディネイトした「ザ・ビートル デザイン」のレザーパッケ ージ仕様。価格は303万円。納車は6月以降開始予定。


ゴルフ カブリオレ エクスクルーシブ発売 (4/4)
「ゴルフ カブリオレ」をベースに、その内外装に高品質かつカラーコーディネイトした専用装備を標準採用。外板はパール系塗料「オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト」でペイントされる。全国70台限定。1 2 3 4


Polo TSI Comfortline BlueMotion Technology発売(4/3)
ポロ初のアイドリングストップ付1.2 リッター TSI エンジンで過去最高のJC08 モード燃費(21.2km/L)を達成。、4 月以降適用される新エコカー減税(75%減税)と新エコカー補助金(10 万円)の対象に 1 2 3


The Beetle にエントリーレベルのエンジンを追加 (3/6)
77 kW / 105 PS の1.6L TDIディーゼルエンジンと 118 kW / 160 PS の1.2L TSIエンジンをこの春より追加設定。1.6TDIは22.2km/Lの燃費と180km/hの最高速度を実現。計算上では満タンで1222kmもの距離を走行できることになる。


ジュネーブショーにてThe Beetle R-lineを発表 (3/5)
1.4L TSI と2.0L TSI の「スポーツ」グレードに設定。専用大型バンパーやサイドスカート、 18インチの大口径純正アルミホイールなどのエクステリアに加え、スポーツシートやインテリアのアクセントなどを採用。今秋より発売 1 2


ジュネーブショーにてPolo BlueGTを発表 (3/5)
アイドリングストップとブレーキエネルギー回生システムが付いた1.4L TSIエンジンの最高出力は103kW/140PS。0〜100km/hを7.9秒で加速し、最高速度も210km/hに達するが、7速DSG仕様で22km/Lの燃費を達成。ドイツで7 月より発売 1 2 3 4


55.5km/Lの燃費のCross Coupé Conceptを発表 (3/4)
TDIエンジンと2つのモーターを組み合わせ、55.5km/Lの燃費、CO2も46g/kmと優れた環境性能を持ちながら、最高速度は220 km/h, 225 kW / 306 PSを発揮するパワフルなSUV。車両重量は1,858 kg。1 2 3 4 5


ジュネーブショーにてUp!のコンセプトカーを4台発表 (3/4)
スイスの国旗の赤・白を内外に配した「swiss Up!」と、ルーフキャリアにスノーボードを載せウインター仕様にした「winter Up!」。サーチライトを埋め込んだボックスをルーフにつけた「x Up!」とシティデリバリー用の「cargo Up!」を発表。1 2 3


ジュネーブショーにてGolf GTI Cabriolet発表 (2/29)
0-100 km/hが7.3秒、最高速度237 km/hの2.0Lエンジン(155 kW / 210 PS)を搭載。GTI専用グリル、バンパーほか、ダークレッドLEDテールライト、17インチホイールなどを装備。トップは9.5秒で開けることが可能。夏より欧州で発売開始。1 2 3 4


Golf Variant TSI Trendline BlueMotion発売 (2/21)
Golf Variant TSI Trendline Premium Editionのエンジン排気量を1.2Lにダウンサイジングした上にブルーモーションテクノロジーを採用。10・15モード燃費は16.4km/Lから18.4km/Lへと約12%向上。1 2 3


「Scirocco R RECARO」を100台の台数限定で発売 (2/7)
「Scirocco R」にレカロ社製のフルバケットタイプのスポーツシートと19インチ大径アルミホイール&235/35R19の低扁平タイヤを採用、SDナビ、フルカラーマルチインフォも搭載し価格は533万円。ボディはホワイト及びブラックの2色を設定。1 2 3 4 5


シカゴオートショーにてThe Beetle TDi発表 (2/3)
今夏発売の2013年モデルより発売するクリーンディーゼル搭載モデルを発表。2Lの直噴ターボディーゼルは142PS、320Nmを発生。17インチアルミホイールと、専用バッジ、そしてドアパネル上端にクロームトリムラインを装着。 1 2 3 4 5


世界統一の認定中古車ブランド"Das WeltAuto"を導入 (1/31)
2010年 6月のドイツ導入を皮切りに世界各国で順次展開されている、認定中古車ブラン
ド"Das WeltAuto"(ダス・ヴェルトアウト=世界の車)を2月より導入。セグメンテーションを導入し、年式、走行距離に応じて3段階に商品を分類。 1 2 3


4 ドアバージョンの「up!」を発表 (1/23)
4ドアバージョンにも、2012 Advanced Award を授与されたシティエマージェンシ ーブレーキシステムを装備、トランクには2 ドアup!と同じ 251Lのトランク容量を確保し、リヤシート畳めば951Lまで拡大。5 月よりドイツで販売開始。1 2 3 4 5


Golf TSI Trendline BlueMotion Technologyを発売 (1/16)
Golf TSI Trendline Premium Editionをベースに、Start/Stopシステム、並びにブレーキエネルギー回生システムを採用した「BlueMotion Technology」をゴルフとして初めて標準装備し燃費は18.4km/lと約6%向上。新エコカー補助金の対象。1 2 3


デトロイトショーにてJetta Hybridを発表(1/9)
110kW/150PSを発揮する1.4 TSIと電気モーター(20kW)を搭載したフルハイブリッド。複合モードで約19.1km/lの燃費、車速70km/h以下、距離2kmまでEV走行が可能。2012年11月に、まず米国とカナダで発売開始。1 2 3 4


デトロイトショーにてE-Bugster Conceptを発表(1/9)
The Beetleをベースに85kWの電気モーターとリチウムイオンバッテリーを搭載したEVコンセプト。フル充電で160 km走行可能で、急速充電30分で80%まで充電可能。LEDのDRLを配したバンパー、低いルーフラインが特徴。1 2 3 4 5