ボローニャショーにて「New Golf Plus」他をワールドプレミア(12/4)
イタリアで開催のボローニャモーターショーにて、New Golf Plus、New Golf BiFuel、Scirocco Studie Rなどを公開。
Photo→1 2 3 4 5 6


VW初の4ドアクーペ、「パサートCC」国内販売開始(11/20)
4ドア車では最上級モデルとなるコンフォートクーペ「パサートCC」を初めて国内に導入し、11月25日(火)から販売を開始。


VW of America、Barneys New YorkとGroovy Holiday Campaignを展開(11/16)
“Peace and Love: Have a Hippie Holiday”と題し、60年代のビートルに代表される創造的で象徴的なデザインと環境問題に対し運動していたヒッピー文化を称賛するキャンペーンを展開。


LAオートショーにて「Baja Race Touareg TDI Trophy Truck」を公開(11/13)
Baja 1000デザートレースのSCORE Trophy Truckのクラスで出場予定。V12、5.5Lで550馬力を発揮するクリーンディーゼルエンジンを搭載。
Photo→1 2 3 4


SEMAショーにて「CC performance concept」他を公開(11/5)
Passat CCにカスタムバンパー、20inホイールなどをまとい、APR stage 3ターボチャージャー搭載で311HPを発揮。Full Power、GT、Ecoの3モードのパフォーマンスを選択可能。
その他、PERFORMANCE TIGUAN、JETTA TDI CUP “STREET” EDITION、CC “GOLD COAST” EDITIONを公開。
Photo→1 2 3


New Golf GTI発表(9/26)
6世代目のGTIが10月から開催のパリショーで初公開される。
2.0L TSI(210PS=GolfV比+10PS)エンジン搭載。0-100km/hは7.2秒、最高238km/hのパワーを持ちながら、CO2が178g/kmと従来に比べ11g/km削減し16km/Lの燃費を達成。
Photo→1 2 3


IAAハノーバーショー(商用車)で新型Pickup Concept他がWorld Debut(9/20)
Pick Upは南米、ヨーロッパ向けで2009年後半よりアルゼンチンにて生産開始。
その他The Caddy PanAmericana concept、The Caddy 4MOTION、Caddy Life ‘Style Edition’ Crafter BlueMotion conceptが公開される。(9/25〜10/2まで開催)
Photo→1 2 3


VGJ 「ジェッタ、ゴルフ ヴァリアント TSI コンフォートライン」を発売(9/18)
ツインチャージャーの1.4L TSIエンジンと7速DSGとの組み合わせにより15.0km/Lの低燃費を実現。


VGJ コンパクトSUV、新型「ティグアン」を発売(9/3)
欧州などで発売中の3タイプのパッケージのうち、オフロード性能に特化した「Track & Field」を9/30より発売。新開発2L TSIエンジン、6速A/T、4MOTION搭載。価格は\3,600,000。


Volkswagen Group、2008年上半期販売台数でFordを抜き世界3位に(8/29)
前年比7.2パーセント増の331万台でFordを9万台上回る販売を記録。


VGJ シリーズ最速モデル、新型「パサート ヴァリアント R36」を発売(8/26)
V6 3.2FSIエンジン(220kW(299PS))、4MOTION、6速DSG搭載、専用のスポーツサスペンションにアダプティブシャシーコントロール"DCC"を採用。市販モデルの歴代フォルクスワーゲンで最速の0-100km/h加速5.8秒、最高速度250km/hを達成。


VGJ 「ゴルフバリアント TSI トレンドライン」を発売(8/19)
ゴルフバリアントに1.4LシングルチャージャーTSIエンジンと7速DSG採用のエントリーモデルが登場


フォルクスワーゲン フェスト 2008 イン 富士スピードウェイ 開催(8/8)
開催日時: 2008年10月19日(日)10:00〜16:00 (ゲートオープン9:00 / 雨天決行)
開催場所: 富士スピードウェイ (静岡県駿東郡小山町) http://www.fsw.tv/
参加料: 無料 ※入場料、駐車料ともに不要。
催事内容: サプライズ企画、オールラインアップ展示&試乗、エコドライブトレーニング、パレードラン、スポーツドライビング体験、ファミリー&キッズ向けプログラム、グッズ販売等
事前申し込み: エコドライブトレーニング、ドライビングスクール、パレードラン、スポーツドライビング体験は事前申し込みが必要。受付は9月19日(金)10:00 〜 9月22日(月)23:00まで。http://www.volkswagen.co.jp/fest/(8/11 9:00から公開)にて!


New GolfVI発表(8/6)
世界で2600万台を販売してきたGOLFの6世代目が発表される。
ヨーロッパでの市場投入は10月。続いてアフリカ、アジア、オーストラリア、北米と発売。ドイツの市場のエントリー価格は約16,500ユーロ。
Photo→1 2 3


北京オリンピックのオフィシャルサポートカー、シャトルサービス開始(7/28)
5000台の低燃費・低公害のVW車がプレスセンターを拠点に、大会関係者・選手・メディア・招待者などの送迎車として活躍する。(Magotan 2.0 TDI, Sagitar 1.4 TSI, Touran EcoFuel, Tiguan 2.0 TDI and Magotan BlueMotion)
Photo


Volkswagen、アメリカ テネシー州に新工場建設(7/15)
テネシー州のChattanoogaに150,000台の生産能力をもつ新工場を2011年までに建設。北米市場向けのミッドサイズセダンを生産予定。


Volkswagenの考える魅力ある自動車の未来(7/12)
“one” “ego”と“room”をキーワードに、20年後の未来のビジョンを提示するスペシャルサイト開設。


次世代プラグインハイブリッドゴルフ「TwinDrive」試験走行車を発表(7/8)
ベルリン郊外のポツダムからベルリン中心部までを100kmあたり8kWhの電力量と2.5リッターの燃料消費で走行でき、また最大130kWの出力を実現。
電気モードで約50kmもの距離を走行可能に。
Photo→1 2 3


横置き7速DSGを採用した「ゴルフ TSI トレンドライン」を発売(6/17)
国内初登場の1.4L TSIシングルチャージャーエンジンと世界初の横置きエンジン用7速DSGを組み合わせ、0-100km/h加速性能では2.0Lエンジンを上回る数値を達成しながらラインナップで最高の燃費15.4L/kmを実現。


Volkswagen Group,三洋電機と次世代リチウムイオン電池開発で提携(5/28)
次世代高性能リチウム・イオン技術を搭載した最初のフォルクスワーゲン グループによる生産車は2010年頃に実現される見込み。


Volkswagen Mexico限定モデル『New Beetle Hot Wheels』発売(5/3)
New Beetleの発売10周年とHot Wheelsの誕生40年を記念して240台限定のコラボモデル発売。独自のカラーコンビネーションと専用ボディストライプやヘッドレストに配したHWロゴが特徴。
Photo→1 2


世界デビュー10周年を記念してNew Beetle全国キャラバンを実施(4/16)
丸の内で期間限定「New Beele Cafe」をオープンのほか、スペシャルサイト「New Beetle Web Park」を開設。


ジュネーブショーにてScirocco、Golf TDI Hybrid conceptを発表(2/29)
Sciroccoは90 kW/122PSから147kW/200PSのTDIとTSIエンジン、7速DSGを搭載。Golf TDI Hybrid conceptは3.4L/100kmの燃費を実現。
Photo→1 2 3 4


北京オリンピックのオフィシャルサポートカー発表(2/29)
聖火の北京到着を2ヵ月後にひかえ、Volkswagenはオリンピック仕様の1000台の車両と提供。北京で公開される。
Photo


NewBeetle全車に6速ATを搭載。同時に新グレード「ヴィンテージ」を追加発売(2/25)
価格は、それぞれ従来モデルの2万円アップ。「ヴィンテージ」はダークフリントと同じボルドーレッドのレザー内装、ガーネットレッドのソフトトップ(カブリオレのみ)と、ブラックやシルバーのボディカラーを組み合わせた内外装のコンビネーションのNew Beetle Vintageが300万円、Cabriolet Vintageは362万円。3月1日(土)より発売。
Photo→1 2 3


New Beetle 10th Anniversary Edition発売(Mexico)(2/8) 
生産10周年を迎え、限定モデル発売。専用ボディストライプ、専用シートとブラックに塗られたドアミラーとルーフが特徴。
photo→1 2 3 4


シカゴショーにて北米向け7席ミニバン『Routan』を世界初公開(2/7)
英語の「Route」とVWのミニバンシリーズの名前の末尾につく「an」から付けられたネーミング。クライスラーとの共同開発で、生産もカナダのクライスラーの工場で行われる。
Photo→1 2 3 4


メキシコ・プエブラ工場でNew Beetle誕生10周年を迎える(2/2) 
 1998年1月に生産を開始して以来、100万台以上のNewBeetleが世界中の人々に届けられました。NewBeetleは、メキシコで生産され世界中に輸出される初めての車でした。この車の成功のおかげで、現在はメキシコで生産されているすべてのモデルを100以上の国々へ輸出している。


VGJ 「ゴルフTSI コンフォートライン」を発売(1/24)
「ゴルフGLi」ベースに1.4リッターTSIエンジンと、低燃費、高効率を実現したDSG 6速トランスミッションを採用。2.0FSI比でトルク20Nmかつ、燃費約18%の向上。


VGJ 新型純正ナビゲーションシステム「RNS 510」を発売(1/24)
VWのインテリアにフィットする専用デザインで、メータークラスターのマルチファンクションインジケーターと連動したルートガイド、ETCや地デジの標準装備など。


VGJ 新エンジン搭載「パサートTSIコンフォートライン」発売(1/24)
新開発の1.8L TSIエンジンの採用により2.0FSI比で出力10PS、トルク50Nmアップにもかかわらず、同等の燃費を実現。


New Beetle一部仕様・設定変更(1/16)
NewBeetle全モデルにCabrioletと同じ6速ティプトロニック搭載。および、ゲッコグリーンとシャドーブルーメタリックが設定廃止に。(今春より順次切り替わり予定)


デトロイトショー(NAIAS)にて『Passat CC』を世界初公開(1/14) 
北米・西ヨーロッパ・日本(導入は秋以降)をメインターゲットにした、4ドアクーペ。パノラミック・ガラス・ルーフを装備し、流麗なボディラインのスポーティさと快適性を両立したサルーン。直噴エンジン(118 kW/160PSから220kW/300PS)のほか、車線保持アシストシステムなど最新の技術を搭載。
photo→1 2 3


VGJ 8年連続「輸入車ブランドNo.1」達成(1/10) 
2007年におけるフォルクスワーゲン ブランドの国内新車登録台数(乗用車)が51,974台(前年比-4%、純輸入車シェア:22.6%)となり、8年連続「輸入車ブランドNo.1」の座を堅持。「ゴルフ」シリーズが25,392台で、5年連続No.1(内1万台超が「TSI+DSG」搭載車)。