特別仕様車「ポロ フェリーチェ」を発売(12/25) 
 ポロ 1.4 コンフォートライン(4ドア)をベースに、女性からのリクエストの多いフロント シートヒーター、明るい雰囲気のファブリックシートを装備。全国で1000台(188万円)“felice(フェリーチェ)”とは、「幸せ」、「嬉しい」などを意味するイタリア語で、「feliceと一緒に幸せな時間を過ごして頂けるように」、との思いを込めた名称。


VW-AG 「7速DSG」をGolfとGolf Plusに設定(12/23) 
 Volkswagenは7速DSGをGolfとGolf Plus(1.4 TSI and 1.9 TDI)に設定。6速DSGに対し0.7リットル/100kmの低燃費化を実現。


ヨーロッパで「Volkswagen Coupe」スペシャルサイトOPEN(12/23) 
 New Volkswagen Coupe(Passat Coupe)の全貌が次第に明らかに・・・。


クロスオーバーモデルの第2弾「クロスゴルフ」を限定発売(12/20)
 ゴルフ プラスをベースに、SUVテイストのエクステリアや、明るい専用のインテリアカラーをシートやドアトリム等に採用。専用サスペンションにより15mm高い車高。TSIエンジンやバイキセノンヘッドライト、17インチアルミホイール等を装備し309万円で限定500台。 photo→1 2 3


New Beetle Xmas Story、NewBeetleスペシャルサイトで公開(11/30) 
 夏に公開した「ぼくと、ハナと、ニュービートルの夏」に続く心温まるストーリー「ボクのサンタはニュービートルでやってきた!」を公開。期間限定グリーティングカードも。


コンセプトカー「space up! blue」をLAオートショーにて世界初公開(11/15)
 東京モーターショーで公開した「space up!」に続く、フォルクスワーゲンの“new small family”コンセプトに基づく世界戦略モデルの第3弾。「space up!」をベースに高温型燃料電池(HTFC)を搭載しモーター(45 kW / 61 PS)にて65マイル走行可能。ルーフにはソーラーパネルを搭載し走行用のエネルギーとして使われる。 photo→1 2 3 4 5


コンセプトカー「space up!」を東京モーターショーにて世界初公開(10/25)
 「up!」(2ドア シティ スペシャリスト)に続く、フォルクスワーゲンの“new small family”コンセプトに基づく世界戦略モデルの第2弾。無駄なスペースを無くし、RRエンジンレイアウトにすることで一回り大きな車両に匹敵する室内スペースを提供。すでに量産に向けたニュー スモール ファミリーの開発は始まっている。
 photo→1 2 3


フォルクスワーゲン、映画「ボーン・アルティメイタム」に協賛(10/16) 
 新型「トゥアレグ」や「ゴルフGT スポーツ」撮影用車両として提供され、映画のシーンに大々的に登場。日本では、マット・デイモン来日イベントを開催、スペシャルサイトの公開やプレゼントキャンペーンを実施する。


「ポロ 1.4」に6速ATを搭載しエンジン出力も向上(10/16) 
 1速のギア比を下げ、4速よりも高いギア比にする事で、発進加速性能の向上と高速域での静粛性を向上。エンジンは59kW/80PS(+4kW / +5PS)の出力へ引き上げられる。


シドニーモーターショーで『TouaregR50』を世界初公開(10/9) →photo1 2
 V10のTDIエンジンを搭載したTouaregR50は258kW / 350 PSを発揮。
 SUVでありながら、僅か6.7秒で100km/hに到達し、トップスピードは235km/hに及ぶ。
 価格はドイツで88,260 Euro。


第40回東京モーターショー VWブース展示内容(10/4)
 "Moved by the Future"をテーマに、地球温暖化問題など世界規模の課題に取り組みつつ、自動車が本来有するモビリティの価値や楽しさを一層高める新技術やデザインを一堂に展開。
展示車両は、IAAで発表した『up!』に続き“new small family”コンセプトに基づく第2弾のコンセプトカーを発表。日本初公開モデルの「Tiguan」(TDIエンジンモデルも展示)「Passat Variant R36」の2台のほか、「1.4LシングルチャージャーTSIエンジン(90kW/122PS)」、「7速DSG」の展示も行う。


IAA(フランクフルトショー)でコンセプトカー『up!』発表!!(9/11)
 4人乗りRRエンジンの"city specialist"
仕事からドライブ等のプライベートまであらゆる用途に対応しつつ、
同等のサイズ(全長3.45m、全幅1.63m)のどの車よりも広い室内空間を確保。
photo→1 2 3 4


フォルクスワーゲン、ビルボードライブ(Billboard Live)とタイアップ(8/19) 
 2007年夏、東京・大阪・福岡の3大都市に新たにオープンするクラブ&レストラン「ビルボードライブ(Billboard Live)」のオフィシャル スポンサーとして、各会場及びパンフレットへのロゴマークの露出、開演前のCM放映等の活動を実施。音楽やライフスタイルに敏感な多くの音楽ファンに、フォルクスワーゲン ブランドの若々しさとダイナミックなイメージを訴求する。


『Golf BlueMotion』IAA(フランクフルトショー)でワールドプレミア(8/13) →photo
 燃費はこれまでの約19.6km/Lに対し約22.2km/Lに、二酸化炭素排出は135g/kmから119g/kmまで減少。本国では今年末市場投入。


[Spy Photo] VW Scirocco生産間近!!(7/26) →photo


新型『ゴルフ ヴァリアント』発売(7/19)
 170psのTSIエンジンを搭載する「ゴルフ ヴァリアントTSIコンフォートライン」、そして2.0TSIエンジンを搭載する「ゴルフ ヴァリアント2.0TSIスポーツライン」の2モデル。これらに6速DSGが組み合わされ、高出力と低燃費という、相反する要素を高い次元で両立する。


2008年モデルNew Beetle/New Beetle Convertible仕様変更内容(USモデル)(7/2)
- 新グレード名「S」「SE」設定
- タイヤ空気圧センサー標準装備化(法規対応)
- 標準タイヤから応急用タイヤに変更
- Sグレードに16"、SEグレードに17"の新デザインアルミホイール
- 廃止色Shadow Blue(sedan&conv.)、Platinum Gray & reflex silver(conv.)
- Laser blueとグレーの内装色の組み合わせ廃止
- Blackとクリームのカブリオレトップの組み合わせ廃止
- フロアマット廃止(Fr)
- レザーシート廃止
- レザレット(合皮)をV-Texに
- レインセンサー廃止
- 寒冷地仕様をSグレードでオプション設定
 (注:上記内容は日本仕様とは異なります)


新型SUV『Tiguan』の写真を公開(7/2) →1 2 3
 VW-AGは新型「ティグアン」の写真を初公開した。9月のIAAフランクフルト モーターショーにおいて、ワールドプレミアの予定。


ドイツLubeckで「New Beetle Sunshine Tour」開催(6/15) →photo
 この夏、累計生産100万台を記念してVWがサポートする「New Beetle Sunshine Tour」が開催される。ヨーロッパ中のNew BeetleとNew Beetle Cabrioletファンが集まり、バルト海の海岸に沿ってパレードするツアーは7/14(Sun)にLubeckではじまり、Gromitz promenadeで行われるFlower-power partyで幕を閉じる。このイベントはLubeckに住むNew Beetleの女性オーナーGabriele Kraftによって始められ今年で4回目。


最終テスト段階に入った「Tiguan」 inナミビア(6/15) →1 2 3 (写真はマスキング状態)
 SUV初のパークアシスト機能のほか、SUVならではのヒルクライムアシストやヒルディセントアシストなどを備えた「Offroad Mode」を装備。TSIエンジンを含めた5種類のエンジンと4MOTIONシステムにより高い機動性を誇る。


特別仕様車『New Beetle COMFi』を発売(5/30) →1 2
 1.6リッターエンジン搭載のニュービートル EZをベースに、現在最も人気の高い2色のボディカラー、カンパネーラホワイトとディープブラックパールエフェクトを採用。専用装備に、パークディスタンス コントロール、フロント フォグランプのほか、CDラジオからiPodを直接コントロールすることができるiPod用アダプターをアームレストに内蔵、さらにフロント シートヒーターを装備。
「COMFi」の名称の由来は、この「快適性」や、「心地よさ」を意味する英語、“Comfortable”の俗語である”Comfy“から作った造語。各色300台の合計600台限定。


ゴルフ特別仕様車『Golf 25M Edition』を発売(5/24)
 日本でもこれまで約59万台が輸入されたゴルフシリーズが累計生産台数2500万台を記念し特別仕様車を発売。エントリーグレードのGolf Eをベースに特別装備を採用。限定1000台


発売間近!「Tiguan」スペスシャルサイトOPEN(5/23)
 Tiguan開発の歴史と、デザインプロセスをインタラクティブに体感できる。


新型トゥアレグ発売(5/22)
 ワッペングリルをはじめバンパー、ランプなどのデザインを一新し、エンジンはV6,V8共にFSIエンジンに。5月29日より発売。


GTI MeetingでコンセプトカーGolf GTI W12とGTI Pirelliを発表(5/19)
 オーストリアヴェルダー湖で開催されたGTI Meetingで2台のワールドプレミア。
 「Golf GTI W12」(コンセプトカー) →1 2 3
 6.0リッターW12 bi-turboエンジンを前席の後ろに搭載し650PS、750Nmを発揮。
 最高速325km/h。わずか3.7秒で100km/hに到達する。
 「GTI Pirelli」 →1 2
 1983年5月に始めて登場した限定車Pirelliの再来。
 230PS Turbo-FSI2.0搭載。新デザインのホイールと225/40 P-Zeroを装着。


「ゴルフ 2500万台記念 フォト・コミュニティ」開催(5/14)
 思い出のフォルクスワーゲンの画像を一般公募、抽選で東京モーターショーのペア招待券などをプレゼント。詳しくはキャンペーンサイトへ。


「インターネット試乗申込みシステム」の運用を開始(5/14)
 24時間、いつでも簡単にフォルクスワーゲン試乗車の車種別保有状況が確認でき、(当初は「TSI」のみ運用)簡単に試乗のお申し込みが可能に。


カスタマー向けイベントVolkswagen Meeting 2007を開催(5/9)
 フォルクスワーゲンオーナーを主な対象とした「Volkswagen Meeting」を年間3回開催予定です。
 同イベントでは、ゴルフGT TSIを体験できる「TSIサーキットラン」や歴代ゴルフを一堂に会した「ゴルフ2,500万台キャンペーン」、「フォルクスワーゲングッズ&アクセサリー販売」、「熱気球体験搭乗」、「レディスプログラム」、「キッズプログラム」、などフォルクスワーゲンオーナーの皆様が一日楽しめるイベントを予定。


ジェッタ特別仕様車「ジェッタ レザー エディション」発売(5/9)
 「ジェッタ2.0」をベースに、レザーシートを採用。さらに、夜間の視認性を高めるバイキセノン ヘッドライト、荒天時の視界確保に有効なフロントフォグランプ、新デザインのアルミホイールを装備。発売フェアは、5月12日(土)、13日(日)の両日に開催。


新型「ゴルフ トゥーラン」専用 8.5インチ 液晶「フリップダウンモニター」発売(5/9)
 新型「ゴルフ トゥーラン」の後席(2、3列目)専用8.5インチ液晶「フリップダウンモニター」を新たに設定し、4月19日(木)から発売。


記録的な売上高と販売台数を計上(3/8)
 VW グループは、昨年度の目標値を達成し、2006年度に史上最高の販売台数を記録。
 売上高は、1,000億ユーロを突破、特別項目計上前の営業利益は51.7%増となる44億ユーロ。
 2008年度の税引き前利益は51億ユーロ以上を目指す。